grey granular structure, grainy texture

【インクルーシブ(共に)でエデュカーレ(引き出す)の教育!】

朝食で栄養をとり、マルチスポーツでバランスの良い筋肉・脳育(思考力・自己肯定感など別途記載)を身につけ・十分な睡眠を取る、その上で土台となる非認知能力・空間認識能力を高めることが可能になる。

様々な教育法や学習・運動・認知能力取得において、非認知能力・空間認識能力は全てのベースであり高まることで最大限に力を発揮することが可能になる。

また、ドイツ発祥でオランダで普及しているイエナプラン教育をスポーツと掛け合わせたカリキュラム行うことでより質向上が実現可能に!

grey granular structure, grainy texture
jumping smiling cute girl, icon
jumping smiling cute boy, icon
Child far jumping icon

バスク教育

イエナプラン教育

White Rounded Rectangle Button

【認知能力】

(IQ・運動能力)

モンテッソーリ教育

シュタイナー教育

ユダヤ式教育

スタンフォード式教育

インターナショナル

スクール

スポーツ・芸術

レッジョ・エミリア教育

総合型選抜試験

ドルトンプラン教育

ボーディングスクール

社会人〜

STEAM教育

リベラルアーツ

受験・留学

CASEカリキュラム

サドベリー教育

フレネ教育

国際バカロレア教育

幼児期に大人のサポートがある事で高められる!

【非認知能力・空間認識能力】

2つが全ての土台!

Woman Pushing Illustration
Tiny Man Pushing
grey granular structure, grainy texture

《認知能力向上の為の、非認知能力・空間認識能力の向上カリキュラム》

認知能力(学力・IQ・偏差値)の向上には身体・脳の非認知能力の土台があるか無いかで大きく変わってしまうことが分かっている。マルチスポーツには非認知能力向上・空間認識能力の為の要素が最も多く入っており効果が最も期待されており世界では実際に子供達が行い始めている。

【科学的スポーツメゾット】

人間の脳が他の動物に比べて複雑で大きくなったのはなぜなのかというと、それは体を動かすため。要は体を動かすことによって脳は発達してきた。つまり、脳が先にあったのではなく、体のために脳が発達したということだ。

記憶力→学力には脳の海馬という部分が深く関係し、有酸素運動をして適度に心拍数が上がると海馬の血流がよくなって、記憶力→学力が上がるという研究データが立証されている。

【自然知能】

自然知能とは生まれながらにして持っている能力。 生まれながらの知能のタマゴは、賞味期間をやりすごしてしまうと生来の知能となるべきものが消失してしまう。子育てや教育は、知識を教え込むのではなく引き出すことであり自然知能は非認知能力・空間認識能力と大きな相互関係を持つ。

自然知能を引き出すには、1歳くらいから始める必要があり、6歳くらいまでに基礎を終えなくてはならない。

grey granular structure, grainy texture

イエナプラン教育とは?

一人ひとりの個性を大切にしながら自発的に学ぶ姿勢を大切にしているイエナプラン教育授業は20の原則は、「人間について」「社会について」「学校について」の3項目に分けて記されています。

異年齢の子どもたちで構成される。教え合いや助け合いが活発に行われ違いを尊重する心も育まれる。小さなテーブル・グループ内も異年齢の子どもたちで構成。

ワールドオリエンテーション式で共通テーマをもとに各グループにふさわしいテーマを定め、そのテーマに沿って学習を進めます。基本的にプロジェクト形式で行われ、子どもたちは観察・実験や文献・インタビュー調査などを通じてスポーツ・教科の壁を越えた知識を身につけます。

学習計画は基本的に子どもたち自身が作り、グループリーダーは子どもたちの学びを助けるファシリテーターの役割を担います。

  • 異年齢グループによる学級構成
  • 基本活動「対話・遊び・仕事(学習)・催し」
  • リビングルームのような教室作り
  • ワールドオリエンテーションの導入
  • 健常者と障がい者が共に学ぶ環境


Arrow
  • インクルーシブな思考に向けた養育
  • 学校の現実の人間化と民主化
  • 対話
  • 教育の人類学化
  • ホンモノ性
  • 自由
  • 批判的思考に向けた養育
  • 創造性
grey granular structure, grainy texture