grey granular structure, grainy texture
Oval Gradient Shape

FOOD

生産性

感受性

Food Talk Icon

1日の

質↑

脳の

活動力

心のバランス

行動力

五感

朝食の栄養補給で得られる項目

直感力

Food and Drinks Icon
grey granular structure, grainy texture

バランスの良い食事を与えてあげることで1日の質向上と適正な睡眠に繋がる!

【腸活=食・栄養→脳活→運動→睡眠】

重要な3つの菌バランス

2・善玉菌

1・悪玉菌

7・日和見菌

Cute Intestine Character

バランスが崩れると腸内環境が悪化!

Cute Healthy Carrot
Green pumpkin flat illustration.
White radish
Colourful round donut pie charts diagram flat design illustration, 5 ratio circle wheel infographic section graph icons for infographic, UI, web design, business presentation
Pumpkin Slice Illustration

にんじん

トマト

小豆

心配

Orang fruit. Orange fruit cut into pieces for making juice.
Hand Drawn Illustration of a Glossy Red Tomato


小腸

かぼちゃ

柑橘類

さつまいも

喜び

White Circle Vector
White Circle Vector



straight arrow
straight arrow
straight arrow
straight arrow
straight arrow
White Circle Vector
White Circle Vector



悲しみ

ピーマン

ブロッコリー

小松菜

Green Bell Pepper

大腸


White Circle Vector


watercolor chinese cabbage kimchi clipart
broccoli

大根・蓮根

白菜

怒り

膀胱

恐怖心

しいたけ

ごぼう

黒豆

Shiitake mushroom
Burdock.
Black Bean
grey granular structure, grainy texture

12歳以下の《食育》が将来に与える影響

幼少期の健康・栄養状態は、その後の健全な発育や教育水準・成果(学業成績など)、さらには大人になってからの健康状態や労働生産性(労働の質)などにも影響を与えていることが、さまざまな研究で明らかになっている。また、それらに関するパネルデータ(長期データ)を用いた研究も蓄積されつつあり、その関連性がより明確となってきている。

Medical theme icon

《食育で身につく効果》


・病気リスクを下げる

・生活リズム全体が良くなる

・1日の生産性が格段に上がる

・全ての質が大きく向上

・コミュニケーション能力の向上

・学力・運動能力の向上に繋がる

・感受性豊かになる

・感謝の気持ちを持てる

・最終的に健康寿命向上に繋がる

《全国の医師へのアンケート》

成長期の栄養不足は、成長期以降の心身の発達影響をもたらすか?

Doctor Character Illustration
Pie Chart Icon

はい

95.2%

特に何歳まで栄養を

大切にすれば良いか?

〜6歳まで

〜9歳まで

〜12歳まで

54.4%

18.9%

22.6%

4.1%

0ther

日本は他国に比べると、子どもの栄養に関する研究や成長期の過程が生涯に

          与える影響を証明している研究が極端に少ないと言われている。

grey granular structure, grainy texture

特に1日を最も左右するといわれている《朝食》の重要性

人間の脳の成長期は早く、6歳で大人の脳の90%までできあがります。そして、12歳にはほぼ完成します。早い段階から『脳を育てる』栄養補給を習慣化することが大切です。朝食は子どもにとって最も大切なエネルギー源となります。子どもが学校で、安全にたくさんのことを学んでこれるようにするため、また、体調万全で楽しく過ごすためにも、朝食でしっかりと栄養補給させることが最も大切である。

Group of Nutritive Food
  • 「朝食あり」の子どもの4割が、偏差値65以上の大学に合格している。
  • 「朝ごはんをほぼ毎日とり続けた人」たちの半数以上が第1希望の大学に入っている。
  • 「朝ごはんを毎日は取らなかった人」たちの約3割が第3希望の大学にしか入れていない。
  • 「朝ごはんをほぼ毎日とり続けた人」の約6割が第1希望の会社や団体に就職できた。
  • 「朝ごはんを毎日は取らなかった人」たちの約3割が第3希望以下のところにしか就職できなかった。
  • 「朝ごはんをほぼ毎日とり続けた人」たちは高収入層に固まりやすい。
  • 「朝ごはんを毎日は食べていなかった人」たちは低収入層に固まりやすい。
grey granular structure, grainy texture
Square White Paper Overlay
Hand Right Arrow

朝食を毎日食べている子供は、学力テストが高い傾向にある

Hand Right Arrow

朝食を毎日食べている子供は、体力テストが高い傾向にある

平均解答率

小学生6年生

100%

81.1

80%

60%

40%

20%

0%

70.1

62.7

68.0

53.2

50.8

42.6

38.6

国語

英語

数学

社会

体力テスト

合計点

小学生6年生

55.0

50.0

48.7

45.0

42.8

44.2

40.0

38.6

35.0

00.0

女子

男子

毎日朝食を食べている生徒

毎日朝食をほとんど食べていない生徒

grey granular structure, grainy texture

幸せホルモンのセロトニンを生み出す毎日に!

夜21時頃から朝(陽が出る時間)までに幼児期は成長ホルモンがたくさん出されるため、早寝早起きで成長ホルモンが活発に分泌されていれば、体が成長しやすくなるだけでなく、メンタルの安定・記憶安定化・免疫力向上など多くのメリットがあります。

セロトニンは、脳に広く存在していて、食欲、呼吸、睡眠リズムといった人間の基本的な生活に関係する神経と、快や不快感、安心と不安、衝動などの感情の働きにも関係する。

セロトニンの働きは規則正しい睡眠・生育環境や生活環境で大きく変わり、脳内のネットワークは、育っていく過程でどんどんと作られていき、特に朝食でエネルギーを蓄え太陽の光を浴びているとより分泌が多くなります。6歳くらいまでに個人個人で全く違うネットワーク構造が出来上がります。

これが、ヒトの基本的性格を形作るといわれています。

「早起き朝ごはん」をはじめとした規則正しい生活習慣(セロトニンの8割が腸内から)の重要性については、十分な睡眠や朝の光によるホルモン分泌、朝食によるエネルギーや栄養素摂取等の側面から説明することができます。

それらに加え「大人になってからの資質・能力」などの観点で、子供の頃に望ましい生活習慣を確立することの重要性は各研究機関で発表されており、それらの適正な身体作りをサポートしていく。

grey granular structure, grainy texture