grey granular structure, grainy texture
Oval Gradient Shape

SPORTS

Basketball Sport Design

やり抜く力

問題解決能力

バランスの取れた筋力

多様性

自己

肯定力

勤勉力

思考力

集中力

マルチスポーツ科学で得られる項目

メタ

認識

道徳性

主体性

共感性

自尊心

協調生

コミュニケーション力

忍耐力

睡眠質

UP↑

創造力

Assorted Sports Balls
grey granular structure, grainy texture

マルチスポーツ教育とは?

Colorful Sport Background
White Rounded Rectangle

成長土台

マルチスポーツ教育とは、ひとつのスポーツではなく多くのスポーツに触れることで、子供の成長のためにも、競技アスリートとしての成長の為にも、また脳の活性と生涯を通じて活動的な生活を送る為にも共通した土台となっている研究結果が出ている。

White Rounded Rectangle

メンタル

1つの種目に限らず、さまざまな体の動きを身につけることで、バランスの良い筋肉と価値観・そして身体能力が高まる。身体能力が高まっていることを子供が感じ取れることで、自信がつき、試合や試験、日常生活にて実力発揮にも繋がる。結果的に人間関係の構築や生きる上での自信に繋がり、主体性・多様性等(上記記載)が身につき、それらを受け入れられるオープンマインドを持ち人生のマインドセットに繋がっていき生涯多くの事をもたらす基盤となります。

White Rounded Rectangle

選択肢

ひとつのスポーツだけをしていると分からない事がが多くあります。例えば投げるという動作に関して素晴らしい才能や興味を持っていたとしても、サッカーだけを行なっていたのではその能力に気づくことが難しい。そういった子供には、そういった道へ進んでいけるように促してあげることは育成年代では最も大切なことになります。このように子供時代に多くの選択肢を見せてあげることがとても大切であり、それぞれの自信に繋がり、この少子化時代における貴重な子供達にとって、日本の未来のためにも最も必要な教育カリキュラムであります。

grey granular structure, grainy texture
Square White Paper Overlay
Hand Right Arrow

12歳以降の成長に大きな差が生まれてしまう傾向にある

早い段階での専門スポーツのみ行ってきた生徒

VS

マルチスポーツ教育を行ってきた生徒

偏った筋肉・思考力からの怪我・挫折のリスクを減らし、

結果が求められる年代になった時に高いレベルに到達する事が可能に

※世界の研究機関の研究結果

発育と発達のそれぞれの成長グラフ

体の動きの発達ピークは6〜8歳で完成されてしまい、

脳の成長は12歳ごろをピークに完成されてしまう

生徒の成長能力値

マルチスポーツ教育を行った生徒

専門スポーツのみ行ってきた生徒

6歳

12歳

年齢

年間発達量

動作の取得

身長の成長

脳と運動神経は12歳までで

決まる

筋力的成長

脳の成長

5歳

6歳

7歳

8歳

9歳

10歳

11歳

12歳

13歳

14歳

15歳

16歳

17歳

grey granular structure, grainy texture